MENU

豊島区災害時医療講習会、警察歯科協力医会。身元確認について

 

こんにちは巣鴨ヴェリ歯科クリニック院長の田島です。本日は診療後に豊島区の警察署協力のもと目白署、池袋署、巣鴨署の警察官の方達と身元確認についての講習会をおこないました。私は豊島区歯科医師会の学術、広報理事として講習会の周知を区民の皆様へ届ける仕事をしております。

豊島区歯科医師会では、警察と協力し、身元確認の専門知識を深めるための講習会を定期的に開催いたしてます。歯科医師としての専門性を活かし、大規模災害時などで身元不明となった方々をいち早くご家族の方に知らせるよう努めております。

過去には、災害時に多くの身元不明の遺体が発見され、その多くが歯の情報を基に身元が確認されました。このことからも、歯科医師による身元確認の重要性がうかがえます。講習会では、警察や海上保安庁の専門家と共に、遺体の歯型や治療痕などを正確に分析したり、ご遺体のお口の中を診察し迅速な身元確認につなげるための技術や知識を学びます。

この講習会は、過去にも実施されており、多くの歯科医師が身元確認に関する貴重な経験を積んでいます。今回の講習会も、実際の研修を通じて、マネキンを使用した歯の状態の観察や、口腔内撮影、エックス線を用いた分析、カルテとの照合など、実践的な学習を行いました。

講演後は目白署、池袋署、巣鴨署の警察の方と談話し身元確認の知識を共有していきました。

東日本大震災や先日の能登半島地震により多くの方々が亡くなられましたが少なからず歯科医師ができる仕事は大いにあります。

私も歯科医師会の理事として万が一豊島区に有事があった際は率先して従事したいと思っております。