MENU

ダイレクトボンディング2級の治療

こんにちは巣鴨ヴェリ歯科クリニック院長の田島です。 上の写真は特殊なプラスチックを使い虫歯の治療を行なった30代女性の治療症例です。

ダイレクトボンディングについて

この治療法は、多彩な色合いを用いて治療跡が目立たない、本物の歯のような見た目を再現することができます。特に審美的な改善を求める方にとって、非常に有効な手段です。

なるべく削りたくない、前歯の隙間をなくしたい

多くの人が、自分の歯をなるべく削りたくない、前歯の隙間をなくしたい、または歯の形や色に満足していないといった悩みを持っています。ダイレクトボンディング治療は、お口の中で直接多種類のプラスチックを盛りつけることで、天然歯のような自然な色や形を取り戻す方法です。

天然歯は、明るく透明感のあるエナメル質、色が濃く透明性の低い象牙質、そして神経や血管がある不透明な赤色の歯髄という3種類の構造が複雑に重なり合っています。これまで、従来の歯科用プラスチック(レジン)ではこれらの複雑な質感を再現することが難しいとされてきました。しかし、最近になって透明感や色調が豊富な審美修復用プラスチックが開発され、これを積層築盛することで、天然歯のような自然な見た目を実現することが可能になりました。

ダイレクトボンディングの最大の魅力は、歯を削る量を最小限に抑えられる点です。これは、ミニマルインターベンション(MI治療)と呼ばれる、歯にとって非常に優しい治療法です。さらに、治療期間が短く、治療費も他の審美治療に比べて良心的であること、変色しにくく、部分的な補修も可能であることなど、多くのメリットがあります。

この治療法は、むし歯治療の詰め物、すきっ歯、ホワイトスポット、ブラックトライアングル、欠けた前歯の修復、前歯の形態改善、不適合な詰め物の改善など、幅広い治療に適用できます。特に前歯の見た目が気になる方には、自信を取り戻すための大きな一歩となります。

ラバーダム防湿で接着力を上げる

ダイレクトボンディング治療中

上の写真はラバーダムという器具を歯にかけて治療しているところです。ヴェリ歯科クリニックでは可能な限りラバーダム防湿を行い、唾液や呼気に含まれる水分の汚染を排除した状態で治療を行っています。これにより、治療の品質を高め、より長持ちする結果を得ることができます。ただし、隣接する歯の色を正確に再現することは、場合によっては難しい場合もありますので、その点についてはご理解いただければと思います。

治療前

ダイレクトボンディング治療前

治療後

ダイレクトボンディング治療後

ダイレクトボンディングによる治療は、見た目の美しさだけでなく、歯への優しさも考慮した治療法です。もし興味があれば、ぜひ一度ご相談ください。

ダイレクトボンディング 1歯 3万円〜      参考 簡単なもの 3万

                      隣接面を含む大きなもの 5万

                    ダイレクトクラウン  8万