歯の神経は取らずに残す治療法

歯科衛生士

こんにちは巣鴨ヴェリ歯科クリニック院長の田島です。

今回は神経を取らないで虫歯治療を行う方法についてお話しします。

神経を取らないで虫歯を治療する方法

通常虫歯を削っていく中で歯の内部にある歯髄(歯の神経のあるエリア)まで削ってしまうとすべての神経を取り除かなければいけませんでした。

しかし近年MTAセメントという特殊なセメントが開発されたことで神経を温存する治療法が開発されました。

VPT(vital pulp therapy)

神経を温存して虫歯を取り除く治療法で現在有力な治療法としてバイタルパルプセラピーというものがあります。

バイタルセラピーは虫歯を取り除いてる過程で露髄(神経が露出してしまうこと)が起きたときに通常神経をすべて取り除くのですが、感染してる歯髄、や歯質を取り除き、残った健康な神経(歯髄)の上にMTAセメントを填入して歯髄を温存する治療法です。

バイタルパルプセラピー(神経を残す治療)の成功する秘訣

神経を温存する治療法の実際を見てみましょう。

深い虫歯を削っていくと露髄(神経が露出する)します。通常この状態ではすべての神経を取り除かなければなりません。下図参照

2A3A0175

しかしバイタルパルプセラピーではこの状態から細菌が歯髄の組織に入らないようにするためラバーダム(ゴムで治療する歯のみを覆う)を行います。これにより露髄した場所に吐息や唾液、歯肉からでる滲出液などの感染の可能性がある物質の流入を防ぎます。

2A3A0188

ラバーダムをした後、生理食塩水で患部を洗浄し。MTAセメントを塗布していきます。MTAセメントは現在粉液を混ぜて粘土状になるものやシリンジに入っているペースト状なものなどがあります。2A3A0191

ここまでの治療ではマイクロスコープと呼ばれる顕微鏡を使用するとより精密に行えるので成功率が上がります。MTAセメントを塗布した後シーリング材をおきます。これは細菌が入ってくるのを防ぐためとセラミックなどの詰め物がしっかり歯とくっつくようにできるための二つの要素があります。

2A3A0193

状態が変わらなければ(痛くならなければ)型取りをして詰め物を作ります。ここでMTAセメント以外に水酸化カルシウム製剤も有効である文献もありますが現状MTAセメントの有効性が多くの論文で取り上げられています。

下図が詰め物をつけた写真です。

2A3A0050

2A3A0060

ドックベストセメントとバイタルパルプセラピー

神経を残すための治療法には他にドックベストセメントという治療法があります。詳しくはこちら

ではどちらの方が効果があるのかという質問をよく受けますが、ずばり私見ですがバイタルパルプセラピーに軍配が上がると思います。

なぜならエビデンスという面から考えるとドックベストセメントで神経を残せるというデータが乏しいこと、バイタルパルプセラピーは多くの国で論文が出てきており歯の神経の治療で有名な教授Domenico Ricucciは

『僕が虫歯で神経を取らなければならなくなった時、僕ならバイタルパルプセラピーを選択するよ』とおっしゃっていたのも世にバイタルパルプセラピーが広まった理由かもしれません。

バイタルパルプセラピーの副作用

歯の神経を残せるなんて美味しいことばかりではありません。デメリットもあります。

歯の根の通路が細くなる(石灰化)

バイタルパルプセラピーがうまくいかなくなった時に神経の治療に戻ることになりますが時に歯の神経の通路が細くなってしまうことがあります。その結果神経治療が難しくなることがあります。

すべてが成功するわけではない

100人いたら100人とも成功するわけではありません。虫歯菌の感染状態が深刻なほど失敗する確率があります。

保険外治療

残念ながら現在MTAセメントは日本の薬事で認証を得ておりません。ダイカルという水酸化セメント薬剤で直接歯髄覆悼法という治療法が保険適用でありますが成功率は十分ではないようです。

まとめ

歯_バイタルパルプ

 

いかがだったでしょう。神経を残す虫歯治療としてバイタルパルプセラピーは今後世界の歯科治療に多く普及されると思います。成功の秘訣はラバーダムや患部の洗浄でなるべく感染しないように施術することだと思います。

ヴェリ歯科クリニックバイタルパルプセラピーの料金は

MTAセメント1万円 別途 プラスチック 3万円 もしくは セラミックインレー 5万円で行っております。

(税別)