MENU

接着ブリッジができないと言われた方に知っておきたい対処法

こんにちは巣鴨ヴェリ歯科クリニック院長の田島です。当院でも多く施術している削らないブリッジ(接着ブリッジ)(シングルリテーナーブリッジ)ですが、すべての方に向いているわけではありません。

特に私が診察して向いていない方の特徴として2つあります。

接着ブリッジが向いていない方の特徴

①対合の歯が強く(深く)噛み合っている

対合の歯が深く噛み込んでいると接着部(羽部分)に強くあたりよく外れることがあります。

また接着部(羽部分)に当たっていなくとも接着している歯自身に強い噛み合わせがあるとこれもまた外れてしまいます。

接着部(羽部分)が噛んでいる場所に当たらずともガイド(歯を前に動かしたり横に動かしたりした時に滑走する部分)に触れる場合も外れてしまいます。

 

②歯がない場所の横幅が大きい(欠損部の横幅)

接着ブリッジの横幅が大きいと接着部に負担がかかり強い衝撃で外れてしまうことがあります。接着部分の面積よりも歯の横幅が大きいと外れる傾向があります。主に向いている歯として上の歯だと真ん中から二番目の歯(側切歯)、下の歯だと前歯4本が向いてます。

 

では歯がないところの横幅が大きく、噛み合わせが強い方は接着ブリッジ治療について諦めないといけないかというと違います。

ここでは接着ブリッジが向いていないと言われた方でもある対処を行えば安心使て使っていただける治療法をお話しします。

接着ブリッジができないと言われた方に知っておきたい対処法

対合の歯を少し移動させ噛み合わせを強く当てない。また歯がない部分を狭くさせて外れにくくする。

噛み合わせが強い場合は前歯が出ているか対合の歯が出ている可能性があります。出ている歯を反対方向に矯正移動させます。(圧下)これは歯を萌える方向とは逆方向へ移動させます。ワイヤー矯正装置をつけてもできますがマウスピース矯正で見た目も綺麗にしながら歯を矯正移動できます。欠損部の横幅が広がってる方は歯の幅を狭くさせて取れづらい位置まで動かします。

マウスピース矯正で歯並び改善もできまた接着ブリッジも可能に!しかし知っておきたい注意点があります。

ワイヤー矯正でもマウスピース矯正でも歯の位置を変えて接着ブリッジが治療できるようにすることは可能ですが、マウスピース矯正では欠損している歯の部分に仮歯をつけることができません。つまりマウスピースをしていないときは歯なしの状態です。

どうしても人前でマウスピースができない場面がある方、その時に歯がない状態を見せたくない方はワイヤー矯正で歯並びを整える必要があります。

マウスピース矯正中はどうなのかという質問がありますが、歯がないところのマウスピース内にプラスチックの歯を入れます。

これによりマウスピース矯正中は歯なしに見えることはありません。

30代男性下の歯並びも改善し接着ブリッジも可能になった症例

下の写真では歯がない場所に下の歯が突き上げていることがわかります。矯正治療で下の歯並びを整えて接着ブリッジを作りました。

接着ブリッジを入れた後外れにくくなりました。治療期間は8ヶ月

インビザラインライト50万円(税別) 接着ブリッジジルコニアセラミッククラウン20万円(税別)で治療が完了いたしました。

治療前

治療後

接着ブリッジとマウスピース矯正歯並びの動き

 

30代女性下の歯並びも改善し接着ブリッジも可能になった症例

歯が折れてしまい他院抜歯診断で来院されました。下の歯並びはガタガタで折れてしまった歯の対合の歯は若干前に出てました。

この状態で矯正治療なしで接着ブリッジを作るとかなり見た目の悪い差し歯になるか外れやすい補綴物になることが予想されました。

患者様にこのことを説明しマウスピース型矯正治療を行うことになりました。

歯並びも整い接着ブリッジも外れにくい補綴物が入りました。

治療費

矯正治療50万円(税別)  接着ブリッジ20万(税別)ジルコニアセラミッククラウン

治療前

治療後

マウスピース矯正接着ブリッジ歯の動き方2

まとめ

そもそもなぜその歯を失うことになったか考える

前歯が抜歯になってしまう方にはいくつかの理由があります。歯の病気が大きすぎたり、歯槽膿漏で歯が産んでしまったり。

しかしその原因の多くが噛み合わせにあります。噛み合わせが強いために歯周病になったり歯がストレスで割れてしまったりすることがあります。

まずは他院で抜歯と診断されてしまった原因を追求し噛み合わせを改善することで今後の治療の予後が安定することがあります。それが接着ブリッジでもインプラントでもブリッジでもいればであっても。

そのほかの対処法として対合の歯を削るという選択肢もありますが、削った後何年かして歯が挺出することがあります。(削った方向に伸びてしまう)

健康な歯を多く削る可能性があるためあまりお勧めできません。

ヴェリ歯科クリニックではマウスピース矯正診断は無料で行っており、また軽度から重度の矯正治療も行っております。気になった方は是非1000円の歯並びシュミレーションにお越しください。