接着ブリッジと1本ブリッジ。あなたにお勧めなのはどっち?

onebr.001

こんにちは巣鴨ヴェリ歯科クリニック院長の田島です。突然ですが当院では削らないブリッジシングルリテンションブリッジのお問い合わせが多いのですがこの上の写真は接着ブリッジではありません。

こちらは前歯1本を支台にした1本ブリッジの症例です。

1本ブリッジは正確にいうとone crown  with pontic (1本の差し歯で義歯付き)と言います。

実は写真の真ん中の3本の差し歯が連結されていて他院で全て外してまた天然の写真右側の犬歯も削ってブリッジかインプラント治療で提案されたようでした。

歯を削らない接着ブリッジを希望されて当院へ来院されましたが私が最初に目がついたところはこの差し歯と歯の間に隙間があって衛生的に審美的に悪いこと。

2A3A1626

接着ブリッジでは対合の歯の軌跡を見て強くぶつかり合う場合は外れてしまうリスクがありあまり勧められません。もしこの患者様が接着ブリッジを希望された場合天然の犬歯の裏面を薄く削り接着ブリッジを作ることになるのですが、犬歯には大事な噛み合わせの仕事がありしっかり咬合させないといけません。

この差し歯と歯の間にある隙間と犬歯の裏面はあまり削りたくないとの見解が1本ブリッジの治療をご提案させてもらいました。

連結してた差し歯を切断させていただき右側の差し歯に仮1本ブリッジを装着しました。
2A3A2154

 

その後仮歯のデザインを煮詰めていき最終形態の差し歯を作ります。

2A3A2156

2A3A2370

セット後も安定して使っており今後定期的なメンテナンスで噛み合わせを確認し長期的な安定に励みます。

さてもし歯がなくなりインプラントやブリッジではなく接着ブリッジか1本ブリッジかを考えているあなたへ。

もし隣の歯が差し歯で治療すべき歯であり反対側の隣の歯の対合関係がしっかり噛み合うような状態であれば1本ブリッジをお勧めします。

両隣が天然の自分の歯であり噛み合わせが深くなければ接着ブリッジをお勧めします。

海外の論文によると必ずしも接着ブリッジが1本ブリッジに比べ外れてしまうかというとそうでもないようです。

1本ブリッジもフリクションが強くかかることで二次カリエスになりやすくその結果外れてしまうこともあります。

ヴェリ歯科クリニックでは噛み合わせをチェックして接着ブリッジ(シングルリテンションブリッジ)か1本ブリッジかどちらが向いているかをご提案させていただいております。

もしあなたがこの治療法を検討している場合はお気軽にご相談ください。

 

ヴェリ歯科クリニック  田島