巣鴨でインプラント治療

189EB8F2-41E9-4F1B-A22D-12984ED9AE0D

こんにちは巣鴨ヴェリ歯科クリニック院長の田島です。

土曜日と日曜日は母校である東京歯科大学にいきました。東京歯科大学同窓会セミナーで私がとても会いたかった先生のセミナーに参加してきました。

小濵先生といえば日本の前歯インプラントで権威のある先生です。私の所属してる学会の顧問でもある先生のレクチャーをうけ明日からのインプラント治療に活かしたいとおもいます。

歯がなくなった場所にチタン製の人工歯根を植え歯のようにする治療ですが、下地のある骨がなければできません。下地に骨がない場合はGBRといって骨を作る治療を行わなければなりませんが、患者さんにとっては抜歯、骨を作る手術、インプラント手術と体の負担がネックになります。

小濵先生はこの抜歯、GBR、インプラントを同じ日に行うという治療を得意としており、そのための治療法をレクチャーされました。

もちろん全ての患者さんに行える方法ではないのでそれをおこなえる振り分け方も大事です。

懇親会にてもいろいろ教えていただきとてもためになりました。

明日からの診療ですが、1人スタッフが骨折をしてしまい療養中につき予約がとりずらく、受付応対などご迷惑をおかけしてしまうかもしれません。お手数おかけしますがどうぞご理解ください。

そろそろ秋到来で夜が肌寒くなりますのでお身体ご自愛してください。