抜歯と診断された歯を救う矯正法、エクストルージョンについて知っておくべきこと

orthodontist-287285_1920

こんにちは、ヴェリ歯科クリニック院長の田島です。

階段から転んだり、ものにぶつかったりして歯が折れてしまった方や、大きな虫歯である日歯がかけてしまった方に読んでほしいお話になります。

歯が欠けたり、割れたりしてしまった場合、割れ方の状況にもよりますが、抜歯になってしまう方も多いと思います。

そんな時に抜歯と診断されていても救える方法があるのをご存知ですか。今回は抜歯から救える矯正法、エクストルージョンについてお話しします。

エクストルージョン(部分矯正法)

抜歯と診断される歯は大抵歯肉が覆いかぶさっていて、これ以上歯の治療ができない状態をいいます。

歯が割れてしまった方は割れ方が歯の先端であれば割れたところを治療して直せるのですが、歯肉より下に割れ筋が入ってしまうと常に歯肉が覆ってしまうのです。

被せ物を無理に作っても歯肉を挟み込んでしまったり、常に細菌が入り込んでしまう環境になります。

部分矯正法の一つにエクストルージョンと呼ばれる方法があります。

エクストルージョンは釣竿のようにして歯ぐきの中にのめり込んだ歯を引っ張っていく治療法です。

のめり込んだ歯の中央にフックをかけ、その直上からゴムやバネをフックにかけて引っ張ります。

矯正の移動様式での挺出と言われていて、比較的短時間で簡単に歯を引っ張り上げることができます。

IMG_7847

外傷事故によって歯をぶつけてしまった患者様の最初に来られた時の写真です。

他の歯科医院で抜歯と判断されて、どうしても歯を残したくて当院へ来院されました。歯茎から出血しててとても痛そうです。割れてしまった歯の割れ筋は、歯の裏側の歯茎が覆いかぶさっているのがわかります。

通常事故を受けられた歯は抜歯になってしまうのですが、歯を引っ張るエクストルージョン治療を提案しました。

エクストルージョン治療法の流れ

IMG_8036 のコピー

①歯の中央にフックを設置します。

②折れてしまった歯の部分に2本の仮歯をセットします。

③エクストルージョンする側の仮歯の内部を空洞にさせて、フックにゴムを掛けやすくします。

表側は仮歯のままなので見た目は悪くなりません。

④仮歯の先端の方にボタンを接着剤でつけ、ボタンとフックの間にゴムをテンションをつけてかけます。

⑤二週間に一回の割合で来院でして貰い、ゆるくなったゴムに再度テンションをかけます。

約3ヶ月で歯が引っ張られて、歯茎の中に入り込んでいた歯が出てきました。

IMG_9044 のコピー

被せ物を保持するための重要な歯の部分、フェルールが確保されました。

フェルールがある歯は被せ物が外れにくくしっかり歯と被せが保持できますので、無事歯を抜歯せずに残せることができました。

フェルールについて詳しく知りたい方はこちら

仮歯をつけて歯茎の治りをコントロールします。安定したら被せ物を製作します。

IMG_9111 のコピー

エクストルージョンが出来ない場合

_MG_0503

残念ながらすべての症例でエクストルージョンが出来る訳ではありません。エクストルージョンができない方は下記のような方です。

①歯周病の方

periodontosis_mechanism04

エクストルージョンなどの矯正が可能なのは歯茎が健康な方のみに限定されます。

矯正治療を行う歯が歯周病になっていて歯がグラグラしたり、また歯を支える骨が部分的になくなっている場合は治療が難しくなります。

引っ張る矯正力のかかる方向が本来歯の中心部から真上に移動しなければならないのが、偏った方向に歯が移動する可能性があります。

グラグラしている歯を引っ張ると歯が簡単に抜けてしまう場合もあります。

この方法はインプラントを治療する前にあえてエクストルージョンをして抜歯をする応用的な方法ですが、今回はトピックには関係のないところなので割愛させていただきます。

②エクストルージョンで移動できる距離は最大で2~3mmが限界

エクストルージョンは何ミリでも引っ張れるわけではありません。フックと固定源(図で言うところのボタン)の距離は縮むにつれてゴムのテンションがかかりにくくなります。

テンションがかからなくなると歯は動きません。

そのためフックと固定源の距離を最初の段階でなるべく離すように設置します。

③歯の根が短い方(歯冠歯根比)

エクストルージョンで引っ張り上げていくに従い、歯の根がどんどん短くなっていきます。

歯の頭の比率が大きくなってしまい根が短い状態は、歯として昨日できない場合があります。

簡単に被せ物が外れやすかったり、歯の根が負担を受けやすく力の影響を受けやすくなります。

歯冠歯根比が悪い、頭でっかち(歯冠が大きい)の歯は予後が悪いということを踏まえて治療の前に十分診断します。

様々なエクストルージョン治療法

エクストルージョンの治療法はいろいろなバリエーションがあります。

①図のような仮歯を作り仮歯の上部にボタンをつけてフックとボタンにゴムをつける方法は主に前歯などで使われます。

IMG_8036 のコピー

②両サイドの歯にワイヤーを接着剤で固定します。

物干し竿のようになっているワイヤーの中央に、ゴムとフックを吊るして歯を引っ張ります。オーソドックスな方法で奥歯などで使われます。

IMG_9770

③最近では引っ張りあげる歯の周辺にアンカースクリューと呼ばれるネジを設置し、ネジとフックにゴムを掛けて引っ張る方法もあります。

まとめ

歯を残す治療としてエクストルージョンという方法のこと少しは理解いただけたでしょうか。

もしあなたの歯が割れてしまったり、大きい虫歯で抜歯と診断されてしまった時このことを思い出してくださいね。

またもし現在そのような状態のあなた。あなたの歯がエクストルージョンできるかできないか悩んでいる場合は是非担当の先生と相談してみてください。