blog-image04

8020運動をご存知ですか? 80歳で20本以上の歯を持てるよう歯を健康に保つスローガンです。

興味深いデータとして、80歳以上で20本以上の歯を持つ方々が、どのような噛み合わせかをリサーチした研究があります。その結果、80歳以上で20本以上歯を持つ方々の中に、噛み合わせの悪い反対咬合(受け口)や開咬(前歯が噛んでいない)のような方は誰一人いなかったのです。

歯の噛み合わせが悪いことを不正咬合と呼びます。

 

IMG_0641例えば上図のように

  1. 前歯が噛んでいない
  2. 奥歯の噛み合わせが歯の先端同士で噛んでいる。

このような噛み合わせを不正咬合と呼びます。

矯正治療とは、歯の噛み合わせやあごの機能を上げて歯並びをきれいにする治療です。

噛み合わせを治すことで虫歯や歯周病になりにくくなることはもちろん、口呼吸が治ったり、口周辺の筋肉が改善されるので肩こり、首のコリ、目の疲れなどもなくなったり、噛みやすくなることで摂食率が上がり胃腸障害も改善されるなどの全身の健康に影響を与えてくれます。

もちろん矯正治療をする方の多くは美しい歯並びを求めています。
リップサポートが改善することで口元が美しくなり、笑顔に自信が出てきます。

「ヴェリ歯科クリニック」では、患者さんとしっかりとお話ししながら、矯正治療に関する各治療法のメリット、デメリットをしっかりご説明し、お口の状態に合った治療方法や矯正装置をご提案させていただきます。

1. 裏側矯正

専門の歯科技工所で患者様オリジナルのオーダーメイド設計装置を作製、治療します。

AdobeStock_56438494-2-300x183

歯の裏側に矯正装置をつけて治療を行うのが裏側矯正です。

最大のメリットは、表からは装置が見えないことです。周囲の目を気にすることなく治療ができるため、装置が目立つからと矯正治療に踏み出せなかった方も安心して始められます。

裏側矯正は高い技術が必要な上、患者さま一人ひとり全く同じ噛み合わせの人なんていません。ヴェリ歯科クリニックでは患者さまの歯型を専用ラボに送り、患者さま一人ひとりにあった装置を製作し治療を行っております。

ちなみに目立つ上の歯を裏側矯正、舌が当たる下の歯は表側矯正をするハーフリンガル矯正もオススメです。自分の歯はどうだろう?という方、お気軽にご相談ください。

裏側矯正のメリット

MG_0479-285x300

メリット① 他人に気づかれることなく、矯正治療ができる。

矯正装置を付けていることを気づかれずに治療を受けたい、職業柄表側の矯正ができないなどという人には、裏側矯正をオススメします。裏側矯正では、矯正装置が外側からは見えませんので、他人に気づかれずに矯正を行うことができます。

メリット② 虫歯になるリスクを低減

歯の裏側は唾液に触れやすいため装置をつけていても虫歯になるリスクは極めて低いです。

メリット③ 前歯が引っ込みやすくなる。

出っ歯の方には最適で、表側矯正よりも早く前歯が引っ込む可能性があります。

裏側矯正のデメリット

MG_0490-300x200

デメリット① 表側矯正に比べて、費用は高くなります。

デメリット② 1回の診療時間が長くなります。

デメリット③ 装置が見えにくいので歯磨きがしづらくなります。

デメリット④ 舌が装置にあたったり、若干しゃべりにくくなります。

2. 表側矯正

AdobeStock_83809982-300x162

表側矯正も今は目立たない時代です。

矯正治療の中で、もっともオーソドックスな治療です。矯正を付けている違和感も少なく、矯正器具のお手入れも行いやすいです。従来に比べて、目立たない素材が使用され、歯の色と近いセラミックや透明プラスチックといった矯正治療をしていることがわかりにくい、装置が選べるなど、バリエーションも豊富になっています。

ワイヤー自体も表面がホワイトコーティングされた高品質ワイヤーを使用しております。生体にとって優しい力で歯を動かす特性も持ち合わせます。

表側矯正のメリット

MG_0479-285x300

メリット① 装置をつけたとき裏側矯正に比べ話しやすいです。

メリット② 他の矯正治療で賄えないことができる。ベーシックな治療法

表側矯正のデメリット

MG_0490-300x200

デメリット① 歯の表側に装置をつけるため、他の矯正治療に比べて目立ちやすいです。

3. インビザライン矯正:透明マウスピースによる矯正治療

透明マウスピースによる矯正治療なら目立ちません。

 

マウスピース矯正『インビザライン治療』は透明なマウスピース型の矯正装置をつけて歯並びを改善します。

マウスピースですので取り外しが可能、食事の際は自由に外して食事を楽しむことができ、なによりも透明に近いため装着しても目立ちません。気にせず会話も楽しめ、ワイヤーやブラケットを装着しないので、発音がしにくい、痛みや違和感を感じるいといった症状も少なく済みます。

logo

インビザライン紹介動画

マウスピース矯正のメリット

MG_0479-285x300

メリット① 1日の決められた時間はめるだけ。

透明な装置を1日決められた時間だけはめればいいだけです。
食事の時は外すだけ発音も問題ありません。

メリット② 薄いプラスチック素材なので金属アレルギーの方も安心

マウスピース矯正装置は金属を使用しないため、金属アレルギーの心配なく安心して治療が受けられます。また、段階的に歯を動かしながら歯並びを矯正するため、従来の矯正方法と比べて痛みが少なく、ワイヤー矯正でおこる装置で口の中などを傷つけてしまう心配がありません。

マウスピース矯正のデメリット

MG_0490-300x200

デメリット① 毎日決められた時間、つけないといけない。

決められた装着時間(1日20時間以上)を守らないと、全く動いてれず、矯正治療が終わるのが伸びてしまいます。

デメリット② 適用できる場合とできない場合あり。

抜歯矯正の方やダイナミックに歯を移動しないといけない方など、症例によって適用にならない場合があります。

4. 部分矯正

前歯だけを矯正したい方、全体の矯正は費用や期間の面から考えていないといった方のために、当院では部分的に前歯の歯並びを改善する部分矯正を行っております。前歯だけに矯正装置をつけ比較的短い3か月~6か月(症例による)を目安に治療を行っております。

部分矯正の種類も表側矯正、裏側矯正、マウスピース矯正、そしてこれらの複合的な矯正法で改善します。

部分矯正のメリット

MG_0479-285x300

メリット① お口の中の違和感が少ない。

矯正装置をつけるのは前歯と小臼歯のみで奥歯にはつけません。そのため比較的違和感は感じにくいと思います。

メリット② 期間が短い

部分矯正は全体の矯正治療に比べ比較的早く終わります。軽度の症例であれば3か月から6か月で終了します。

メリット③ 矯正装置が見えないようにしたい方でも治療可能

ヴェリ歯科クリニックの部分矯正はマウスピース、表側矯正、裏側矯正からお選びできますので短期間で終わるといえども絶対に矯正装置が見えたくない方でも治療が可能です。

メリット④ 比較的、安く治療できる。

ヴェリ歯科クリニックでの部分矯正治療料金は30万円〜、他の矯正治療と比べ安く治療することができます。

部分矯正のデメリット

MG_0490-300x200

デメリット① 噛み合わせが悪い人には不向き

奥歯を治療するわけではないので噛み合わせが悪い方には適していません。

デメリット② 抜歯が必要なほど歯が入り組んでいる方には向いていません。

5. 矯正治療の流れ

矯正治療を行う上で、ヴェリ歯科クリニックではご費用面、矯正期間、矯正の種類、矯正治療のデメリットなど患者さまが納得頂くまでご説明させていただきます。

STEP1:初診・相談

当院では矯正治療に対する患者さんの知識を得ていただくため初回の相談は無料でさせていただいております。矯正治療はどういったものかお話しさせていただきます。またご希望をうかがい、お口の中を診せていただいた上で、治療の計画や費用をお話させていただきます。

STEP2:検査

診断に必要なセファロレントゲン、パノラマレントゲン、お口の写真、歯型の模型、お顔の写真を撮ります。

14-take-photo-2-300x180

STEP3:診断

検査の結果を分析ソフトで解析し患者さまの治療期間、治療プランを患者さんのご希望をうかがいながら、お一人おおひとりにベストな治療をご提案します。

診断料は3万円いただいております。

27-setup-1-300x180

STEP4:ブラッシング指導とクリーニング

矯正治療中に虫歯や歯周病にならないように、装置をつける前に正しい歯磨きの方法を指導いたします。またPMTCと呼ばれるスウェーデン式クリーニングを行い徹底的にお口を清潔にします。

20-none-1-300x180

STEP5:矯正前虫歯チェックと治療

虫歯がある状態で矯正治療はできません。なるべく低侵襲な治療で虫歯治療を行い矯正治療に備えます。

3_concept-300x180

STEP6:ブラケット装着

いよいよ矯正治療をスタートします。1回の治療時間は治療内容によって異なりますが、表側だと1時間ほど裏側矯正は2時間ほどかかります。来院の頻度は治療内容によりますが、1か月に1度ぐらい通院にお越しください。

毎回かかる矯正調整料は5千円になります。

AdobeStock_83809982-300x162

6. ヴェリ歯科クリニックでの矯正治療費用

各矯正治療の料金目安

 

初診相談料 無料
精密検査料 ¥30,000
矯正基本料(表側矯正) ¥700,000〜(難易度により異なる)
裏側矯正 ¥1,200,000
インビザライン 矯正 ¥700,000
部分矯正 ¥300,000
アソアライナー 初回一枚目 ¥300,00〜
カリエールモーション ¥500,00

※ 表示はすべて税抜き価格

お子様から始める矯正プラン

1期治療 ¥300,000 永久歯が生えてる最中の矯正(6歳〜11歳対象)
2期に移行の場合 1期治療 + ¥500,000 永久歯が全て生えてからの矯正(13歳以降)
2期治療から開始の場合 ¥800,000 13歳〜成人以降の矯正
調整料 ¥5,000
保定観察料 ¥5,000

※ 表示はすべて税抜き価格

分割でのお支払いも可能です。(分割回数18回まで)また分割手数料および金利はいただきません。

クレジットカード、デンタルローンでの支払いも可能です。
※1期治療から2期治療に移行する際の検査で追加の料金はいただきません。

1期治療は小学生頃、2期治療は永久歯が生えそろってからの時期が目安となります。

矯正治療について、よくある質問

Q. 矯正治療はどれくらいで終わりますか。

A. 矯正治療は歯並びの程度によって個人差があります。3ヶ月で終わる方もいれば長い方で3年かかる方もいます。

Q. 目立たない矯正治療はできますか。

A. インビザライン、アソアライナー、アクアシステムでのマウスピース矯正を行っています。

Q. 矯正治療を行う上でリスクはありますか。

A. 多少なりとも矯正治療ではリスクがあります。ブラケットワイヤーによる口内炎が起こります、2週間程度でほとんどの方でなれます。きになる方にはプロテクターを差し上げています。

Q. 矯正期間中の注意事項はありますか。

A. なるべくアポイントは守ってください。来院が途絶えてしまうことで歯が動きすぎてしまうことがあります。

Q. 矯正治療は痛いですか。

A. 現在の矯正装置は改良され以前に比べ痛みを発現しなくなりましたが、ある程度歯がむずがゆい感じはあります。痛みが強い方には痛み止めを処方しています。

Q. 矯正用アンカーは何ですか。必要ですか。

A. 矯正用アンカーは小さいネジを顎に入れて矯正治療の固定源にする新しい治療法です。すべての方に必要ではありません。矯正を移動する上で効果的な方法なので必要な方にはご提案させていただいています。

Q. 前歯のガタつきだけ少し治したいのですができますか。

A. 診断にもよりますが部分矯正といって前歯6歯から10歯程度に装置をつけて歯を動かす治療があります。全顎矯正よりも早く終わります。

Q. 矯正治療のお支払いは分割でもできますか。

A. はい。治療前に総額の半額をお支払いいただき、月毎に分割金額を支払うこともできます。

部分矯正の場合

25万の場合  初回15万 2か月目5万ずつ、3か月目5万で完済

という支払い方もできます。