blog-image01

虫歯の治療には保険治療保険外治療(自費治療)があります。当ページでは、それぞれの治療の流れ、治療費の目安、治療法などご紹介します。

虫歯の保険治療 虫歯の保険外治療
虫歯の進行具合にもよりますが、虫歯を白いプラスチックやパラジウム合金で治療します。保険点数によって虫歯の治療費は決められています。一回で終わる場合もありますし、複数回通わなければいけない場合もあります。 他院で神経を取らなければならないと言われた方、保険のプラスチック治療よりも綺麗な治療を希望される方。なるべく歯を削られたくない方のために、当クリニックでは各種治療法を提供しております。

1. 保険治療の場合

治療の流れ

① 問診票に痛みがあるか、症状の時期、以前治療したところかどうかなど詳細をお書きください。

_MG_3346

② 症状、や虫歯の深さを知るため場合によりレントゲンを撮ります。

_MG_3326

③ 検査をして痛みがある場合、応急処置や処方をします。

_MG_3413

④ 虫歯の状況によって通院回数が異なりますが、虫歯が小さい場合は1回か2回で終わります。

保険治療

治療回数 治療法
即日で終わる場合 プラスチックレジンでの治療
二回で終わる場合 インレー(詰め物)を技巧所で製作してつけます

虫歯が深い場合・虫歯が神経まで達している場合

① 虫歯が深い場合は、神経の除去治療を行います。

  • 三回以上の通院が必要です。

② 被せ物の型取り、仮歯をセットします。

神経の清掃が終わったら土台を作り被せ物の型取りをします。また、場合により歯に「テンポラリークラウン(一時的な仮歯)」を入れます。

③ 技工所で製作された被せ物をセットします。

  • 保険治療ですと 銀歯(パラジウム合金クラウン)と場所によりプラスチックのクラウンが製作可能です。
    ※ 前歯・奥歯によって値段に差があります

テンポラリークラウン(一時的な仮歯)について

テンポラリー(一時的な) クラウン(被せ)から仮歯を和製英訳して名付けられました。

仮歯は即重レジンと呼ばれるプラスチックの元となる粉と液体を混ぜて歯の形に成形させ入れます。字のごとく一時的なものですので簡易的に製作して被せ物ができるまで使用します。

虫歯の治療は虫歯ができた部位(前歯か奥歯か)や、使う材料の種類(金属かプラスチックか)、そして虫歯の深さ(神経まで達してるかどうか)によって治療費や通院回数が異なります。

保険治療の場合のまとめ

虫歯が浅ければ一回の治療で済みますが、虫歯が深い場合は神経を取ることがあります。神経を取った場合は何回か通院が必要です。

2. 自費治療の場合

ダイレクトボンディングでの治療

歯_ダイレクトボンディング_アートボード 1

ダイレクトボンディング法は専用の極小ドリルを使い虫歯のみを削り強度のある歯科用プラスチックで詰める治療法です。また正中離開や前歯の隙間、欠けがきになる方も差し歯などをせずに一回で治療ができます。

一般的なインレーと呼ばれる詰め物は歯を多く削り技工所でパラジウム合金の詰め物を制作するため二回以上の来院が必要です。大きく削った歯は将来歯の神経を取る可能性が出てきます。なるべく自分の歯を残したい方にオススメな治療法です。

1歯3万円〜(保険適用外の治療です。歯ぎしりが強い方、虫歯が多い方には向いてません。

IMG_9607

保険で使われているコンポジットレジンとくらべ耐摩耗性、強度において改良されたコンポジットレジンを採用しております。Miコンセプトに則った治療で極限まではの切削は最小限にとどめて充填します。

ドックベストセメントを使用した「なるべく削らない歯科治療」

Print※治療は保険適用外です。治療結果は個人差があります。

ドックベストセメントの中にある銅の成分が虫歯に作用して殺菌させる治療です。虫歯が神経近くまで進行している方、歯の神経を取りたくない方にオススメな治療法です。

虫歯をすべて取り切らず神経近くの虫歯はあえて残します。残った虫歯にドックベストセメントを湿布します。その後プラスチックの中敷きをつけて詰め物をします。

1歯1万円※別途自費の詰め物代がかかります。ダイレクトボンディングなら2万円〜※治療効果には個人差があります。虫歯菌がすでに神経に感染している方には不向きです。

高透過性ジルコニアクラウンでの治療

当院で使われる被せ物は人工ダイヤモンドの強度を持つジルコニアと呼ばれる被せ物を進めており、その中でもジルコニアクラウンの最新技術で生み出せれた高透過性ジルコニアで治療しております。

特徴は、ジルコニアクラウンでありながらオールセラミック並みの透明度が再現でき、強度は450mpaと非常に強い強度を持っています。

自費治療で行う仮歯プロビショナルレストレーションについて

欧米の歯科医院ではプロビショナルコントロール、プロビショナルプロトコールとも呼ばれてい「Provisional」は、「Pro (前の・前段階の)」「Visional (視覚的な)」という単語を合わした造語になります。

意味は、最終的な補綴物(被せ物)を作る前のビジュアル化されたものというものです。

このプロビショナルレストレーションは被せ物と歯肉の調和を生むように仮歯の立ち上がりをコントロールしたり、被せ物の咬合ポイントを仮歯で足し算引き算をして調和させます。

そのため保険で作られる一時的な仮歯とは違い最終の被せ物を作るにあたり何度か通院が必要になる場合があります。

カリソルブによる虫歯を切削しない治療法

Printカリソルブは歯をドリルで削られたくない方、たくさん削られたくない方にオススメの治療法です。

カリソルブを虫歯で汚染された場所に30秒塗ることでドリルで削らずに虫歯を除去し、プラスチックで充填します。

当院ではその他アイコンでのホワイトスポット治療、高強度セラミックを使った治療など最新の歯科治療を揃えております。

詳しくは担当ドクターまでお問い合わせください。